【PayPal(ペイパル)】未着でケースオープン→クレームをされた結果 | ebay、Amazonで鎖国解禁じゃぁ!!!
Home / 物販 / PayPal / 【PayPal(ペイパル)】未着でケースオープン→クレームをされた結果

【PayPal(ペイパル)】未着でケースオープン→クレームをされた結果

公開日:2019/06/03 更新日:2019/06/04


PayPal(ペイパル)から未着を理由に、

ケースオープンをされ、

すぐにクレームに変更されました。

解決しましたが、その経緯をお話しますね。

PayPal(ペイパル)から届いたメール

 

こんなメールが届きました。

※画像をクリックすると拡大されます。

 

数分後にはこんなメールも届きました。

※画像をクリックすると拡大されます。

 

クレームになりましたね。

まぁ、異議もクレームも、そんなには変わらないです。

実際は違いますが、セラーとしての対応は同じなんで。

 

 

PayPal(ペイパル)に提出した資料

 

まずは追跡番号を提出しました。

もし追跡番号を付けずに出していたら、

その時点で負けですね。

 

数日後、再度メールが着て、もっと資料を出せ!と言われたので、

発送ラベルの控えの写メも提出しました。

 

大抵、発送ラベルの控えも提出することになるので、

最初から提出した方が良いですね。

発送ラベルの控えを探すのが面倒なので、

いつもこの二度手間パターンですが。

 

 

PayPal(ペイパル)からの驚きの回答

 

未着でケースオープンというのは、

何回かありますが、

今回は「お届け済み」であることが確認出来ています。

この場合は、100%勝てます!

 

相手の国の税関とかで止まっていると、微妙ですが。

 

今回も勝てる!

※保留にされたお金を取り戻せる

と思っていましたが、こんな回答が届きました。

※画像をクリックすると拡大されます。

 

まさかの買い手の主張が認められました。

これには驚きです!

しかも、

「提供された配達証明の詳細を確認できませんでした。」

とまで言われました!

 

ちょっと何を言っているかわかりません。

マジでわかりません。

 

俺が送った追跡番号を調べたらわかるよね?

発送ラベルの控えも確認したらわかるよね?

 

不服の申立も出来るようですが、

「元の調査中には検討されなかった

新しい情報が提示された場合にのみ行うことができます。」

とあり、難易度あげています。

 

メールにリンクがあったので、

そこからアクセスしました。

 

資料をアップロードするページになっており、

すでに追跡番号と発送ラベルの控えを提出したので、

提出するものはありません。

 

うーん、泣き寝入り…するわけにはいきません!

 

 

その後の対応

 

PayPal(ペイパル)に電話するしかないと思い、

電話をしました。

 

こちらの主張をわかって頂き、

電話にて不服の申立を行ってくれました。

 

しばらくしたらこんなメールが届きました。

※画像をクリックすると拡大されます。

 

とりあず、あとは待つだけです。

 

 

PayPal(ペイパル)からの最終結果

 

数日後、PayPal(ペイパル)から回答が届きました。

※画像をクリックすると拡大されます。

 

勝ちました!

 

「ご提出いただいた追加情報を確認しました。」

と書いてありますが、何も追加情報は提出していません。

電話しただけです。

 

イラッとしましたが、定型文なんでしょうね。

お金が返ってきたので、全て忘れます。

 

泣き寝入りはダメ!絶対!

 

動画でも話しているので、良かったら御覧ください^^

【PayPal(ペイパル)】未着でケースオープン→クレームをされた結果

 

LINE@やっています(⌒▽⌒)

新しい記事のお知らせや、ブログでは書けない話を書いたりしています。

物販関係がメインですが、お得な情報も流しています。

是非LINE@登録お願いします。
友だち追加

配信頻度は低いので、ご安心を(*´∀`*)

おすすめ記事

中国に発送・輸出する際はご注意!

自分は中国に発送することはあま …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください