Home / ブログ / Amazon(アマゾン)でのブランド申請が増えている件

Amazon(アマゾン)でのブランド申請が増えている件

Amazonでは、出品する為に申請が必要なカテゴリがあることをご存知の方は多いかと思います。

これは日本、アメリカ共に必要です。

代表的なものは下記のとおりです。

  • コスメ
  • 服&ファッション小物
  • 食品&飲料
  • ヘルス&ビューティー
  • ジュエリー
  • ペット用品
  • シューズ&バッグ
  • 時計

 

また、これ以外にも特定ブランドについては、ブランド申請が必要です。

最近は、カテゴリ申請に続き、このブランド申請も厳しくなっているようです。

 

最近、アカウントを作った方からの情報だと、このブランドも申請が必要なようです。

sony

ご覧のとおり、SONY商品は申請が必要のようです。

この場合はブランドというよりメーカーなので、

このメーカーの商品が販売できないとキツイですね。

SONYのゲーム、音響機器、映像機器などは人気があります。

 

また、このブランドも申請が必要です。

poke

こちらはポケモンですね。

ちなみに、任天堂の商品は申請不要です。

ポケモンというブランドに対して申請が必要となります。

ポケモンも、ゲーム、おもちゃ、その他関連商品が多いので、

販売できないとなるとキツイです。

 

私は、SONYもポケモンも販売できます。

恐らく申請が必要となる前にアカウントを作ったからだと思います。

※2014年くらいにAmazon.comのアカウント作成

 

申請するにあたり、提出する書類の条件が

・3枚の請求書

・合計点数は30点以上

・5種類上の商品

となっているので、カテゴリ申請より厳しいです。

 

上記以外のブランドも、申請が必要なケースがあるかと思います。

Amazon輸出に興味が有る方は、アカウントの作成だけでも先に行うことをお勧めします。



【無料期間あり】Amazon無在庫輸出をサポート!
リサーチ、出品、価格改定まで自動化!
→詳細はこちらから

【メルマガ限定】ebayで売れた商品リスト配信中!
→メルマガ登録はこちらから


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
ポチって頂けると、テンションが上がり、ブログの内容が向上します^^

おすすめ記事

ダウンロード

Amazon.com(アマゾン)にFBA納品した商品を大量になくされた!

先日の続きです。 Amazon …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です