Home / ブログ / ノルウェイの森

ノルウェイの森

村上春樹の「ノルウェイの森」を読んだことがありますか?

私は3年程前に読みました。

結果、何故これがベストセラーなのかわかりませんでした^^;

ただ、とても不思議な感覚になりましたね。

決して明るい話ではないんですが…精神をやんでしまった直子、

ちょいちょい登場するなぞのエロい描写が印象的でした。

え、なんでここでその行為をするの?なんで?みたいなぁwww

さて、タイトルの事はもう忘れてくださいw

先日書いた通り、今は荷物を集荷してもらっているので楽ちんです。

ちょっと待ってる時間が苦痛ですがw

集荷をお願いする前だった頃、持ち込んでいた頃にこんなことがありました。

ある商品が売れたので、手描きでSAL便(書留)で発送する手続きをしました。

宛先はノルウェーまで。

ところが数日後、郵便局から電話がかかってきて、
ノルウェーのSAL便(書留)は取扱がないとのこと。
※SAL便は取扱あります。

で、

郵便局(以下、郵) ”差し戻ってきてるけど、どうしましょうか?”

 

私 ”どうするもこするも、困るよ。こっちは窓口で手続きをしているんです。

今まで取扱がない国は教えてくれたので、信用していました。

送り先の方にも追跡番号教えています。

エアメールの書留で送ってください。

ってか、なんでこんなことになるの?”

 

郵 ”うーん、通常は機械が弾くはずですが・・・。

それに集荷をご利用頂けていると思ったので”

 

私 ”でしょうねぇー。正直、ヒューマンエラーだと思っています。

集荷を利用したのはつい最近です。

そうそう、窓口の方には国際便の集荷は出来ないと言われました。

話かわるけど、集荷だったら、全部自分で確認しないといけないんですか?

そちらはノーチェックなんですか?

こんなに迷惑かけてるのに、一言も謝罪の言葉がないのはどういつもりなの?

「どうしましょう?」なんて良く言えますね。

こっちは送って欲しいから出してるんですよ。

「エアメールで発送済みです」という言葉を聞きたかったですよ。

大至急、そうして欲しい。

で、追跡番号を教えて下さい。”

 

こんなやり取りをしました。

実際はもっと言ったかなぁ^^;

これはお昼くらいのやり取りだったけど、夜の18時を過ぎても電話がなかったので、

こちらから折り返して、追跡番号を聞きました。

もちろん、ここでも説教です。

こっちの非もあるけど、そっちもプロなんだから、もうちょっとちゃんとして欲しいです。

ちょくちょく話しますが、私はプログラマーでした。

仕様と呼ばれるものがあり、それに沿って物を作ります。

ところが、この仕様がなかったり、あっても間違いがあることが多いです。

単純な誤字脱字、システム的に矛盾が生じている点など、多岐にわたります。

そういう場合、当然、それを作った方に確認します。

ノーチェックで、言われたまま作ることはありません。

これはどんな仕事でもそうだと思います。

何が言いたいかというと、郵便局の人たちはプロとしての意識がとても低いです。

はっきり言って、舐めてますよ。

特に窓口の方は全然ダメなので、彼らの言うこと成すこと、全てを疑ったほうがいいです。

 

万が一の事があれば、責任を取るのはセラーである私です。

もちろん、私も勉強する必要がありますが、彼らにも頑張ってもらいたいです。

ちなみに、今はSAL便(書留)は国際郵便マイページサービスで行っているので、

取扱がない国の場合はちゃんと弾かれるので安心です^^

SAL便(書留なし)の場合は手書きなので、ちゃんと確認しています。

以上、愚痴でした。

おすすめ記事

ダウンロード

Amazon.com(アマゾン)にFBA納品した商品を大量になくされた!

先日の続きです。 Amazon …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です