Home / ブログ / 【ebay】【重要】2015年 秋のセラーアップデート

【ebay】【重要】2015年 秋のセラーアップデート

数日前にebayが秋のセラーアップデートを発表しました。

 

eBay 2015秋のセラーアップデート
http://pages.ebay.com/sellerinformation/news/fallupdate2015/index.html

 

注目するのは、

 

■Defect Rateの変更

 

■新機能の登場

 

と言ったところですね。

 

Defect Rateは、ご存じの通り
Seller DashboardにあるDefect Rateのことです。

 

見るのが怖いですよね^^;

ビクビクしながらDefect Rateをチェックしているのは
自分だけでない・・・はず。

 

そんなガクブルな我々に朗報です。

 

以下の項目がDefect Rateに影響しなくなります。

 

・ Buyer Feedback (バイヤーからの評価)

 

・ Detailed Seller Ratings(DSRs)

 

・ Return Requestでバイヤーが解決済みでクローズしたケース

 

・ Items not receivedケースが開かれたが、
解決済みとしてバイヤーがクローズしたケース

 

う~ん、素晴らしい^^

 

Negative Feedbackをもらうことはほぼ無いんですが、
Neutral Feedbackはたまに在ります。

 

バイヤーさんからすると、

・商品の到着期間は普通(想定内)

・商品の状態は普通(想定内)

なので、Neutral Feedbackをつける・・・。

 

ってこともあると思います。

 

Neutralの判断基準は個人差が凄くあるので難しいですが、
少なくても悪い印象をもっているわけじゃないと思うので、
Defect Rateにカウントされるのは前から疑問でした。

 

これがカウントされなくなるのはいいですね。

 

DSRsも影響されなくなったんで、
Item as described等で1~3のスコアをもらっても、
Defect Rateにカウントされなくなります。

 

Return RequestやItem not receivedで
オープンケースを開かれただけでDefect Rateに
カウントされていましたが、これが改善されたのは凄く嬉しいです。

 

ちゃんと解決して、バイヤーさんがクローズしてくれたら
カウントされなくなりました^^

 

ハリケーンとかで遅延が発生すると、Item not receivedを
一週間で3件もらうこともありました。

 

バイヤーさんの気持ちは凄くわかります。

 

遅延に関しては申し訳なく思いますが、

郵便事情・天候事情はこちらとしてもどうしようもないので・・・。

 

税関で止まっていたことが証明されないと、
Item not receivedが消えることは無いので、
一度つくと消すのは容易ではありませんでした。

 

いやぁー、この対応は本当に嬉しいですね。

 

以下の項目は引き続きDefect Rateに影響します。

 

・ Canceled Transaction(キャンセル取引)

 

・ Closed case without seller resolution
(セラーの解決なしにクローズしたケース)

 

特に無在庫セラーは気をつけましょう。

また、Late Shipmentも加算されます。

 

自分が指定したハンドリングタイム以内に、
必ず発送して追跡番号を入力しましょう。

 

あ、一点注意があります。
許容されるDefectのスコアの基準値が変更になります。

 

■現状
Top Rated Seller・・・Defect Rate 2%以下
Above Standard ・・・Defect Rate 2.01~4.99%
Below Standard ・・・Defect Rate 5%以上

 

■変更後
Top Rated Seller・・・Defect Rate 0.5%以下
Above Standard ・・・Defect Rate 0.51~1.99%
Below Standard ・・・Defect Rate 2%以上

 

影響範囲が狭くなったので、
その分、基準が厳しくなりました。

 

Defect Rateに関しての変更はこんな感じですね。

全体的には、セラーにとって有利になったと思います。

 

今までが鬼仕様でしたから・・・
ドM精神がないとebayセラーは出来ないですね。

 

新機能として、Seller Hub
売上のセラーダッシュボードが搭載されます。

 

詳しくは分かりませんが、
Selleing Manager ProのSummaryの次世代版みたいです。

 

既に申し込みができるようなので、是非。
http://www.ebay.com/sh/waitlist

 

ちょっと長くなりましたが、結論としては

・キャンセル取引をしない

・ハンドリングタイム内に発送する(追跡番号を記入する)

ってことですね。

 

これらの変更は2016年2月20日から有効になるようです。

 

ただし、2015年11月5日より、Seller Dashboardが
新バージョンにて表示され、自分のスコアが確認できるようになります。
注意深くチェックしていきましょう。

 

最後にもうひとつ。

 

Top Rated Sellerをキープするためには、
Return Periodを現行の14日から30日間にしないと
いけないようです。

Return Periodは期間を長めにする方が
SEO的に有利とかって言う噂もあって・・・30日間がお勧めですね。

 

なにかあったら返品されなくても、返金されちゃうこともありますしね。
何万持ってかれたか・・・。

 



【無料期間あり】Amazon無在庫輸出をサポート!
リサーチ、出品、価格改定まで自動化!
→詳細はこちらから

【メルマガ限定】ebayで売れた商品リスト配信中!
→メルマガ登録はこちらから


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
ポチって頂けると、テンションが上がり、ブログの内容が向上します^^

おすすめ記事

ダウンロード

Amazon.com(アマゾン)にFBA納品した商品を大量になくされた!

先日の続きです。 Amazon …

2 comments

  1. こんにちは。
    ブログランキングからきましたspoonです。

    制度が改正されたようでよかったですね。
    たしかに、郵便事情・天候事情はどうしようもない。。。
    転売おもしろそうですね。
    メルマガ読んでみようかな。

    応援クリックしました♪
    またブログ楽しみにしています。

    • 坂田 明郷

      spoonさん、コメントと応援、ありがとうございます。ebay、ちょっとはセラーの事も考えてくれるようになったようです^^
      これから初めようとしている方には朗報ですね。
      メルマガも是非、よろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です