Home / ブログ / たまには英語のお勉強♪

たまには英語のお勉強♪

本日は英語のお勉強です^^

リミットアップの電話もできないこのブーが

今日は一段高いところから失礼致します!

先日、こんなコメンを貰いました。

Couldn’t have been more satisfied. Exactly what was mentioned.

意味、わかりますか?

Google翻訳を使われている方は、訳してみてください。

多分、正確には訳せなかったと思います。

どちらかというと、クレームに近い内容に感じたと思います。

私はそうでした。

Google翻訳も私も「Couldn’t」で、否定的な意味だと判断したと思います。

しかし、これは褒め言葉です。

「Couldn’t have been more satisfied.」というのは、

「これ以上ないくらい満足している。」という意味だそうです。

あまりにも良いと、こんな表現もするようです。

「 Exactly what was mentioned.」というのは、

「説明通りでした。」という意味だそうです。

正確には最後に「Thank you!」と書かれていました^^

これを見せると、なんとなく推測されそうなんで隠しましたw

もちろん、頂いたのはポジティブ・フィードバックです♪

 

この翻訳はいつもの通訳さんに教えて貰いました。

Google翻訳は、かなり優秀ですが、こういうところはまだまだですね^^;

通訳さんいわく、これは口頭での使い方なので、

教科書などには出てこない言い方のようです。

文法的な話とかだと、これは正しくないのかもしれません。

でも、私たちも文法的に正しい日本語を使っていると、言い切れますか?

答えはNoですよ^^

少なくても私はね。

やっぱ生の英語は、習うより慣れろなんだと思いました。

このような貴重な経験が出来るのはebayならではですね^^

 

あと、ついでにもうひとつ。

「how are you?」と聞かれたら、なんて言うように教わりましたか?

恐らく「「I’m fine. Thank you. And you?」でしょう。

これが正しい英語のようです。

しかし、アメリカ人は「I’m good, thanks」と返すようです。

本当は間違いのようですが、これが一般的なようです。

このあたりの言葉は、挨拶感覚なんですね。

「how are you?」と聞かれたも、相手は本気で自分の体調を

気にかけているわけではないようです^^;

これも通訳さんから教えてもらいました。

彼女はアメリカ在住の為、日々生の英語に触れています。

日本語もそうですが、言葉は進化するので、それについていけることが、

より自然にコミニュケーションがとれると思います。

日本では文法的なことばかりに重きが置かれているんで・・・。

もっとコミニュケーションできる英語を教育して欲しいもんです。

もう英語の授業は外国人、試験は外国人教師との面談、

英語でのレポート提出が良いと思いますね。

上記のことはアメリカでの話なので、イギリスとかだと、若干違う可能性があります。

ebayはアメリカの会社で、リミットアップもアメリカにするので、

基本的にはアメリカ英語基準で良いのかと思っています。

おすすめ記事

ダウンロード

Amazon.com(アマゾン)にFBA納品した商品を大量になくされた!

先日の続きです。 Amazon …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です