Home / ブログ / 国際郵便についての資料が良い感じの件

国際郵便についての資料が良い感じの件

相変わらず地元の郵便局の人はポンコツです。

「国際便の集荷は無理です」と言われて、

集荷専用電話番号に電話した結果

「集荷できますよ。SAL便も大丈夫です。個数も関係ありません」

とのこと。

ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

話しが違うじゃん!!!

なんで夜中にいっぱい荷物を持って行ったと思っているんだ!!!

夜中に持っていくのも、他の方の迷惑になるからだし!!!

もぉーホント、ストレスです。

※ちなみに集荷専用電話番号はこちら → 0800-0800-111(固定電話・携帯電話ともに無料)

よくアメリカ映画で、郵便局の人ってバカにされていますよね。

「こんなの買うのは郵便局のやつだけだ」

「郵便局以下の仕事」

などなど。

職業差別になるので、こんなことは言ってはいけません。

あくまでアメリカの映画でこんなセリフがあったというだけです。

私が郵便局に不信感を抱くようになったのは、ゆうパックを後納契約した後、

大口契約したのにも関わらず、それを適用すると普通より高くなるパターン(特定地域)が

あると発見した時からです。

私専用のプランではなく、他にもそのプランを使っている方はいるけど、

私のクレームで初めて知ったようです。

しかも、それを理解しても修正しないんですよ。

なので、その特定地域に発送する時はあえて後納を使いませんでした。

大口契約しているのに高くなるからw

郵便局の人もそうしてくれと・・・全くバカですわ。

そんなことがあって、常日頃から疑ってはいたんですが・・・みなさんも疑ってください。

特に国際便は発送する方が少ないので、地元の郵便局の人ではレベルが高くて対応できていません。

後納契約する → 国際便に詳しい方を紹介するようにお願いする・・・この流れが良いですね。

私もそのようにしたら、国際便専門の方から電話がかかってきました。

色々興味深い話をしてくれました。

それはまた今度書きますね。

で、資料を送ってくれるというので、着た資料がこちらです。

photo_15

photo_16

photo_17

photo_18

ホームページなどにも乗っている料金表や輸出禁止物について

丁寧に書かれています。

書留割引についても書かれていますね。

私は自分で印刷した料金表を貼っていますが、資料で送られてきた物は

ちょい厚紙&カラーなので見やすいです。

国際便専門の方の名刺もあり、フリーコールの電話番号も乗っているので、

とても安心感を得られました。

地元のアレがアレなんで・・・やっとプロに出会えました。

みなさんもプロに出会ってください。

色々有益な情報も得られますよ。

【追記】
一応、国際郵便のお客様サービス相談センターの電話番号を
記載しますね。

0120-5931-55(フリーコール)

おすすめ記事

ダウンロード

Amazon.com(アマゾン)にFBA納品した商品を大量になくされた!

先日の続きです。 Amazon …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です