Home / ブログ / amazon(アマゾン)無在庫輸出、終わった!?

amazon(アマゾン)無在庫輸出、終わった!?

下記の記事でもお話したようにAmazon(アマゾン)は

APIまで規制を掛けてきました。

 

amazon(アマゾン)、MWSのAPIに大幅な利用制限!

 

ご存知のとおり、AmazonComplete(アマコン)

amazon(アマゾン)のAPIを使用しています。

 

ということは、もうAmazonComplete(アマコン)はダメなのか?

というと、そんなことはありません。

もちろん、APIの使用が完全に停止されたら終わりますが、

そうならなければ大丈夫です。

 

私の9月分のamazon(アマゾン)無在庫輸出の結果です。

※画像をクリックすると拡大されます。

 

amazon(アマゾン)上のレポートはこんな感じです。

※FBAの売上も含まれているので、上記エクエルデータより売上が多いです。

 

※画像をクリックすると拡大されます。

 

大体、月あたり20~30万くらいの利益になっています。

1個で10万以上の利益がでたアタリがありましたが、

これなかったら9月は20万くらいですね。

10万オーバーは、2~3ヶ月に一回くらいですかね。

基本、薄利多売です。

 

もちろん、amazon(アマゾン)無在庫輸出は

AmazonComplete(アマコン)

のみで行っています。

 

ドル→円にするタイミングでは運良く

111円くらいで引き出せました。

まぁ、逆もあるので、これはラッキーですね。

 

基本的に仕入先は日本のAmazon(アマゾン)なので、

ギフト券を使っています。

大体額面の93~95%で購入することが多いです。

また、消費税還付もあります。

これらは上記エクエルの利益には含んでいません。

 

このような結果を提示したのは自慢ではなく、

まだamazon(アマゾン)無在庫輸出で

稼げていることを理解して頂きたかったからです。

 

AmazonComplete(アマコン)

で頑張っています^^

 

ただ、工夫をしています。

それは、出品数を減らす努力です。

 

下記の記事でも書きましたが、Amazon(アマゾン)は大量出品を嫌っています。

Amazon.comで新手数料発生(High-Volume Listing Fee)!

 

無在庫を許容していないので、

大量出品をしているとアカウントの危機になります。

知的財産権とかのトラブルにもなりやすいです。

また、先日のとおりAPIに規制がかった場合、

出品数が多ければそれに比例して価格改定も遅くなります。

 

それらの問題を回避するためにも、

出品数を減らしています。

 

これまでに売れた商品のカテゴリ・ブランドを

参考に出品しています。

 

逆に言うと、売れたことないカテゴリやブランドは、

極力出品しないようにしています。

 

amazon.comに無在庫で出品している数は

2000~3000件くらいです。

 

やはり自分自身が販売した商品データは強いです。

これからも規制は強くなると思うので、

興味がある方は少しでも早く初めて、

データを取っていきましょう。

それはあなたの財産になりますよ^^

 

近い将来、無在庫出品が一切できなくなる可能性が

ゼロではありません。

 

でも、未来永劫に続くビジネスってないと思います。

広い意味で、物販はなくならないと思いますが^^;

 

となると、やはり収入源を複数持つのが良いと思うので、

その一つとして考慮してみたらどうでしょうか。

 

AmazonComplete(アマコン)

も検討して頂ければ嬉しいです^^



【無料期間あり】Amazon無在庫輸出をサポート!
リサーチ、出品、価格改定まで自動化!
→詳細はこちらから


→メルマガ登録はこちらから


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
ポチって頂けると、テンションが上がり、ブログの内容が向上します^^

 

 

 

おすすめ記事

ebayでの売上がPAYPALで資金保留→保留解除日が過去日(1970年1月1日)だった

最近、ebayでの売上が資金保 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です