Home / ブログ / PAYPAL(ペイパル)から発行した請求書の言語を固定する方法

PAYPAL(ペイパル)から発行した請求書の言語を固定する方法

海外のお客様と直接取引する際、PAYPAL(ペイパル)経由でお客様へ請求書を発行しています。

先日、いつもと同じように請求書を発行したところ

Please send it in english

と、言われて、画面キャプチャを送ってもらったところ

 

 

バッチリ日本語になっていました。

これじゃ海外の方は、全然わからないですよね。

 

PAYPALの設定言語を英語にしておけば、

自動的になんでも英語になると思っていましたが、

どうも違うようです。

 

PAYPALに確認したところ、

請求書を受け取った方のキャッシュから言語を自動選択しています

とのことでした。

 

なるほど、だから今までは大丈夫だったんですね。

ここからは憶測ですが、多分、今回のお客様は日本後のページにたくさんアクセスしていると思います。

その結果、キャッシュには日本語の情報が残り、日本語ページになったかと。

 

解決策も教えて頂きました。

下記の手順で操作して下さい。

 

1.トップ画面から”支払い請求”をクリック

 

2.”請求書を作成”をクリック

 

3.アクションの右側をクリックし、”リンクを共有”をクリック

 

4.請求書リンクが表示されます。

※画像をクリックすると拡大します。

 

上記の請求書リンクをコピペして下さい。

そして、comとinvoiceの間に国記号を入れると、その国の言葉で請求書が発行されます。

例えば、英語ならusと記入すればokです。

 

https://www.paypal.com/invoice/payerView/details/XXX

https://www.paypal.com/us/invoice/payerView/details/XXX

 

ドイツ語ならdeとすればokです。

あまり使うことはないかもしれませんが、

覚えておくと良いですね。



【無料期間あり】Amazon無在庫輸出をサポート!
リサーチ、出品、価格改定まで自動化!
→詳細はこちらから


→メルマガ登録はこちらから


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
ポチって頂けると、テンションが上がり、ブログの内容が向上します^^

おすすめ記事

WorldFirst(ワールドファースト)の為替手数料が1%になりました!

WorldFirst(ワールド …

2 comments

  1. これ、いいですね。
    これ、知ってたら、友達に自慢できそうです!
    ランキングからきました。

    ベトナム人ならvnなんでしようか?
    あっ 後で自分で調べます!

    僕的には、とてもうれしい(おもしろい)記事でした。
    ありがとうございました!

    • 坂田 明郷

      コメントありがとうございます。

      >>ベトナム人ならvnなんでしようか?

      多分、そうかと思います。

      また御覧頂ければ嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です